• お見積り
  • 資料請求・お問い合わせ
  • サイトマップ

  • HOME
  • ご注文ガイド
  • よくあるご質問
  • 会社案内

イメージ:よくあるご質問
AED HOME > よくあるご質問 > 心肺蘇生に関するご質問

心肺蘇生に関するご質問

こちらにはお客様からお寄せいただく、「心肺蘇生」に関するよくあるご質問とその回答を掲載しております。なお、こちらに掲載されている以外のご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご質問事項

自動体外式除細動器とは、どういうものですか?
対象者に電極を貼付すれば、機器が心電図波形を自動的に解析し、電気的除細動が必要かどうかを判断・表示し、必要な場合に限り使用者がボタンを押すことで通電が可能なものを指します。
なお、AEDとは、Automated External Defibrillator の略です。
AEDを使うのには、何か資格がいるのでしょうか?
資格は必要ありません。誰にでも使うことができます。
AEDの使用に関しては、2004年7月1日厚生労働省医政局長通達により、一般市民にも認められることになりました。これは、「非医療従事者による自動体外式除細動器の使用のあり方検討会 別ウィンドウで開きます」の報告書に基づくもので、「救急の現場に偶然居合わせた一般市民がAEDを用いることは、一般的に反復継続性が認められないため、医師法違反にはならない」という考え方によります。
AEDの使用は、本当に誰にでも使うことができるほど簡単なのですか?
簡単です。(1)AEDの電源を入れる。(2)電極パッドを貼る。(3)AEDの指示に従って通電ボタンを押す。これだけです。
しかし、AEDの正しい使い方とより効果的な救命処置のため、一人でも多くの人が救命講習やAED講習を受講するようにお勧めします。
詳しくは「AED CU-ER1の使用方法」をご確認ください。
心肺蘇生とAEDは、よく一緒に聞くのですが、どう違うのですか?
心肺蘇生とは、(1)胸骨圧迫、(2)気道確保と呼吸確認、(3)人工呼吸 を行って、循環機能を失った傷病者の体に必要な酸素(血液)を送り続けることです。
これに対し、AEDは、心臓の循環機能を電気ショックで回復させるためのものです。それぞれ目的は異なりますが、どちらも市民による一時救命処置には欠かせないものです。迅速な119番通報、迅速な心肺蘇生、迅速な除細動、迅速な二次救命処置の4つの輪がうまくつながってこそ、「救命の連鎖」が成り立ちます。
詳しくは「一次救命処置の手順」をご確認ください。
救命に失敗した場合、責任を問われることはありませんか?
緊急状態にある人に救命処置を実施した人に対しては、それに関わる民事責任を免除するべきで、悪意または重過失がなければ救急蘇生法の実施者が救急患者などから責任を問われることはない、とされています。
これは、総務省・法務省 別ウィンドウで開きますなど行政府の見解によるものです。
子どもに対してもAEDを使っていいのですか?
2010ガイドラインによると、0歳から未就学児(およそ6歳未満)は、小児用電極パッドを使用することを推進しています。 小児用電極パッドは、除細動エネルギー減衰機能を備えており、AED本体から発せられる除細動エネルギー量を1/3〜1/4程度に減らして伝える仕組みになっています。 0歳時より、小児用電極パッドが使用できます。
小児用パッドのご購入は「オプション品販売」より承っております。
小児用電極パッドがない場合は、どうしたらいいのですか?
その場合は、成人用電極パッドで代用してください。
その際、小児の体が小さくて通常の位置に電極パッドを貼りにくい場合には、胸部の前面と背面に貼る方法を用いるのがよいでしょう。
子どもの場合は、成人の場合と救命処置の手順が違うと聞きましたが?
基本的には同じです。
ただ、救助者が一人だけであった場合には、119番通報やAEDを取りに行く前に、まず2分間の心肺蘇生を実施することになっています。 これは、小児においては呼吸原性心停止が多く、除細動適応とされるのは1〜2割程度に過ぎないというデータによるものです。
AEDの充電というのが、よく分からないのですが?
通常AEDの充電というのは、交換式のバッテリーパックから電気ショックを実行するための内蔵電池への充電のことを指します。 この充電は、AEDが心電図解析で電気ショックを必要と判断した場合にAEDが自動で行い、音声ガイドなどで知らせます。 これとは別に、バッテリーパック自体をAC電源などから充電できるタイプのAEDもあります。この場合、バッテリーパックは使い捨てではなく、充電することで繰り返し使用することが可能です。
風呂場や海などの場所で、体が濡れていたら、どうしたらいいですか?
体が水に浸っている場合は、水から引き上げてください。また、少なくとも電極パッドを貼る位置の周りは、乾いたタオルなどで水を拭き取ってください。
そうしないと、電気が体表面の水を伝わってしまい、効果的な電気ショックが心臓に届きません。
電極パッドを貼る時の注意点は、他にどんなことがありますか?
電極パッドは肌に密着している必要があります。胸毛が多い場合には、カミソリで剃ってください。カミソリなど適当な物がなくても、予備の電極パッドがあるのなら、一旦電極パッドを貼り、勢いよく胸毛ごと剥がしてから、新しい電極パッドを貼り直してください。
また、ネックレスなど金属製アクセサリーを着けている場合は、外すか、電極パッドからできるだけ遠ざけるようにしてください。
レスキューセットのご購入は「オプション品販売」より承っております。
傷病者が体内にペースメーカーを埋め込んでいたら、どうしたらいいですか?
その場合は、胸にコブのような出っ張りが見えますので、そこから少なくとも2〜3センチ以上離して電極パッドを貼り付けてください。電気ショックでペースメーカーなどの器具が壊れることもありますが、命さえ助かれば、新しい器具を埋め直せば済むことです。
胸骨圧迫中に他の人がAEDを持ってきたら、中断するのですか?
AEDが音声ガイドで「患者に触れないでください」または「傷病者から離れてください」という時以外は、胸骨圧迫・人工呼吸の心肺蘇生法を絶えまなく続けてください。他の人が電極パッドを貼る時でも、邪魔にならない限り、なるべく継続するべきです。
AEDの指示によって心肺蘇生法を中断するのは、心電図解析時と電気ショックの実行時だけです。それ以外は休まず、できれば他の人と交代しながら続けてください。
「傷病者に触れないでください」の時に傷病者に触ったら、どうなりますか?
心電図解析時には、正確な解析ができなくなります。電気ショック実行時であれば、感電します。相当なショックを受けますので、操作する人は必ずAEDの指示に従って、自分自身を含め誰も触っていないことを確認してください。
電気ショックが終わったら、電極パッドを剥がしてもいいですか?
119番通報によって救急隊が到着するまでは、電極パッドは剥がさないでください。救急隊到着まではAEDがその場のドクターだと考えて、AEDの指示に従うのが最善です。そのためにも、AEDの電源を切らず、電極パッドもそのままにしておいてください。
「電気ショックの必要はありません」の時は、AEDはもう必要ないのですか?
その場合でも、AEDは取り外さないでください。
「電気ショックの必要はありません」のメッセージは、心臓のリズムが正常に戻った場合と、電気ショックでは回復しない状態を解析した場合とがあります。どちらにせよ、AEDが必要な処置の指示をするので、そのままにしておいてください。
また、傷病者が息を吹き返した場合でも、再発することも考えられますので、本人がよほど嫌がらない限り、救急隊到着まで取り外さないでください。
万が一に備えて、AEDは毎日でも動作確認するのがいいのでしょうか?
点検の場合も、なるべくならAEDの電源は入れず、常時表示しているインジケータの確認だけに留めるべきです。AEDは定期的に自己診断を自動で行い、その結果をインジケータに表示しています。 AEDの電源を入れると、直ちにプログラムを開始し音声ガイドを流しますので、正常に動作することが確認できます。しかし、その分バッテリーを消耗し、何度も繰り返すと、肝心な時に十分な電気を供給できなくなるおそれがあります。充電のできない使い捨てバッテリーパックの場合には、特に注意が必要です。
将来、「ガイドライン2005」が変更された場合、音声ガイダンスやLCD表示が前のままでは混乱しませんか?
メーカー側では、ガイドラインの内容が変更された場合に備え、AEDのガイダンス変更のためのプランを準備しておりますので、安心してお使い続けていただけます。
お気軽にお問い合わせください。Tel:0798-38-6363

ページの上部へ
お見積り・資料請求 お問い合わせ